Reflection.jpg

第7話:ただいま反省中〜

神様 男爵、友達を変わりに差し出すとは、どういうことじゃ。
男爵 いや、その。びっくりしちゃいまして。なんとかしようかなと。
神様 男爵、少し反省をしないといかんな。 バケツに水を入れて立ってなさい
男爵 げーーーろーーー。
神様 エルフィ、わしも気づかないうちに下界では、友達を大切にする気持ちが薄れているようじゃな。
エルフィ どうしましょうか。
神様 下界の様子が心配になったので、しばらくここでお世話になろうと思う。
エルフィ 天界の方は・・・。
神様 調議は、しばらく神官長にまかそうかと思う。すまんが、神官長に伝えてきてくれぬか。
エルフィ はい。 わかりました。
神様 神官長には「しばらく下界で暮らす。調議は任す。判断が必要なときは来てくれ」と伝えてくれ。
エルフィ わかりました。でも、身の回りのことは。
神様 さすがに、男爵に身の回りをしてもらうのは心配じゃ。用事か終わったら戻ってきてくれ。あと、神官長に頼まれていた551の豚まんわしにも買ってきてくれ〜
エルフィ 承知しました。
神様 男爵、リズモしばらく世話になるぞ。
男爵 げーろーーー
リズモ うん、神様と暮らせるんだ。すごいね。男爵
男爵 えっ!
リズモ 男爵、大丈夫? 551の豚まんがない時みたいになっているよ。ところで何で反省させられてるの?
男爵 まあ、その。いろいろあるんですよ。
リズモ ふーん。
神様 心配せんでも、世話になった分は、あとで礼をしてやるわ。551の豚まんだけど・・・。