Suprize.jpg

第3話:驚きの告白

エルフィ  蜂蜜入りの紅茶、なかなかおいしかったわ。
男爵 それは良かったです。 竜王神様から頼まれたことがあるって何ですか?
エルフィ そうそう、男爵、竜王神様のところに来ない?
男爵 えっ! なんで私が?
エルフィ ちょうど竜王神祭っていうのをやる準備してるんだけど、カエルが必要なの
男爵 なんで、カエルなんです?
エルフィ 竜王神様は、カエルが好物でね。活きのいいカエルを連れてくるように言われてるのよ
男爵            私、食べられちゃうんですか!
エルフィ どうよ。ここで、「のほほーん」と生活しているより、竜王神様に食べられた方がよくない?
男爵 良くないですよ。勘弁してくださいよ。
エルフィ とりあえず、ちょっと考えてみて。夜にでもまた来るから。
男爵 考える余地ないんですけど。
エルフィ 頼んだわよ。
男爵 大変なことになっちゃたよ。竜王神様って、本当に神様かよ!