001_Opening.jpg

第1話:出会い

エルフィ 竜王神祭の準備をするのも大変よね。少し休憩でもしようかしら。
男爵   あれ、珍しいな。こんなところに、エルフがいる。
エルフィ     なに、あのカエル。さっきからこっちをチラチラ見て。嫌だ、こっちに来るわ。
男爵 何してるんですか?
エルフィ 何よ? ナンパでもしにきたの? 私は忙しいのよ。あっちに行って!
男爵 違いますよ。エルフがこの町に来るのって、珍しいんでね。
エルフィ 竜王神祭の準備で買い出しにきてるのよ。
男爵 竜王神際? 竜王神様の知り合いなの?
エルフィ 知り合いっていうか、身辺の世話をしているエルフィっていうのよ
男爵 竜王神様の身辺の世話か。すごいなー。
エルフィ ところで、あなたは?
男爵 私は、単なるカエル男爵のケロちゃと言います。みんなは、男爵って呼ぶけど
エルフィ 確かに、男爵っていう雰囲気だわね。
男爵 ところで、買い物はもう終わったの?
エルフィ いろいろ買うものがあって、大変なのよ。そうだ、荷物持つの手伝ってよ
男爵 いきなりですか! 仕方ないな。
エルフィ 階段の下に荷物あるから持ってきて。
男爵 えー! こんなにあるの? 袋20個くらいありますよ。
エルフィ つべこべ言わないで。私についてきて、次ぎに行くわよ。
男爵 とほほ。